砂のお城

生きるか死ぬかみたいな毎日

今日は送別会だった。少し前まで生活していた寮はなんだかもう知らない場所になっていた。完全にお客様だった。くじ引きで当たった席に座って手巻き寿司を食べた。最後の最後まで後輩と何を話していいかわからなくて静かな食事会になってしまった。花束とプレゼントをもらったら、いろんなことがこみあげてきて泣いた。それから先は涙が止まらなくて一人だけずっと泣いてた。みんなの前で最後に話すときに全部ぶつけてやろうとおもって考えていた言葉も全部飛んだ。久しぶりに会った後輩たちはみんな元気そうだった。楽しそうだった。監督もコーチもみんなみんな楽しそうだった。わたしたちの代までにはなかった信頼関係が築けているのをとても感じた。わたしがずっと求めていたものが見えた。でももう、自分はそこにはいない。誰ももう去年のことは引きずってなどいないように見えた。(いや、引きずっているのかもしれない。去年のことをバネにして力強く進んでいるようにも見えた。)私だけが囚われ、そこに留まっていることを感じた。もう忘れていいんだなって思った。これ以上自分のことを呪い続けてもなにもないんだなって思った。全部全部捨てようって思った。今でも監督とコーチにどう思われて終わったんだろうって考えるととてもこわい。ずっとずっと期待してもらっていたのにわたしは最後の最後に裏切った人間だから。きっと全部の信頼もなにもかももう残ってはいないんだろうなと思う。悲しいけれど、勝負の世界だから。結果が全ての世界だから。

 

最後に後輩たちに何も心配していないから自分たちのカラーを出して時代を築いていってくださいって伝えられたからもう充分だなって思った。家について後輩からすごい長いラインが来ててまたちょっと泣いた。目が腫れて、もう目がなくなった。

 

これでここに書くことも最後にしようと思う。わたしはもう自由になった。今いる場所は砂のお城なんかじゃない。手に取って感じることができるものが全て。まだちょっと辛いけど、でもきっともう少し経ったら、私が走ってきた理由や、競技から何を得たのかわかる時がくると思う。苦しかった、めちゃくちゃ苦しかった。でもきっと投げ出さないで最後までやったことには多少の意味はあったと思う。

 

ずっと弱音ばっかり書いてた。誰にも言えなかった。周りは敵しかいなかった。だからこの場所があって本当によかったなって思う。たくさんたくさんありがとうございました。ここにわたしの競技生活を全ておいて、前に進もうと思います。いつの日か、競技をしていた自分を肯定できるように、弱い自分に打ち勝って、わたしはこれからもしぶとく生きていくのでしょう。

f:id:mememe12:20180217234725j:plain

 

youtu.be

痩せたい痩せたい騒ぎながらチーズ食べたりクロワッサン食べたりドーナツ食べてる豚はどーこだっ!毎日欠かさず暗号200問解いてた。それでも魔法試験に合格できなかったわたしは明日も監禁。あぁもう今日寝ないでそのまま明日学校行こっかなー。わたしだってさあ、今はただの豚だけどさあ、いつかイケメンと付き合いたいじゃん。ちやほやされたいよわたしだってさあ。全然なってないとか言わないで、それはわたしが一番知ってるよ。でも聞いて、どんなに食べ過ぎてもさ、毎晩裸で欠かさず体重計にのるわたしってちょー可愛くない?律儀じゃない?痩せてどうなりたいのといわれると困っちゃうんだけど、正直に言うとちやほやされたい!やっぱりこの世は可愛いが正義だよ!200個解いても合格できないなら、わたし明日から400問解くね!甘ったれ甘ったれ。はいはい。そんなにいうなら味見する?煩いなあもう。全部全部知ってたよ、気づいてたよ、自分が一番てきとうで情けない。でももうどうにもできないし、そんなに攻めるならさあわたしの代わりにわたしになって、わたしの人生上手くやってよばかやろう。

 

 

ふとした時に思い出すけど言葉にしない。

時間に乗せて全部流す。意味なんて考えない。だって不思議な力を持ってるって言ったおじさんが、わたしは彼と結婚するって言ったけれど、別れたし、結局おじさんは最後わたしに無理やりキスしようてしてきて、ただの下心おじさんになっちゃったし。絶対ってないんだろうなって、良くも悪くも、運命はコロコロと変わるものなんだろうなと最近思う。

 

 

 

今日でわたしは22歳になった。特に何もせずずっと寝たり、母から届いた荷物を開けてお菓子を食べ尽くしたりした。夕方 自転車に乗りたくて買い物へ行った。古本屋へ行ったらHIROMIXさんのParisと川内倫子さんの花火、荒木陽子さんの愛情生活を見つけたので光の速さで買った。それからAmazon荒木経惟の食事も買ってしまった。あと町田くんの世界っていう漫画も買った。お金が飛んでった。自分の金遣いの荒さに鳥肌がたった、こわい。街を歩くとカップルや家族連ればかりだった。わたしはここ2年恋人がいない。やっぱりなんかおかしいから、普通のひとに自然と恋人が出来るのに、私には出来ないのかななど考えてい少し寂しくなった。普通になりたいっていうか、自分は普通だと思っているけれど何がおかしいのか教えてほしいと思った。おわり。

f:id:mememe12:20180211203950j:image

お久しぶりです。まだ見てくれている人がいるのかわからないけど、書きたくなったから久しぶりに書いてみる。部活は去年の年末に引退して、13年続けてきた競技生活も終わりました。最低な最後でした。でもこれで良かったんだと思う。これで良かったというか、どうやってもきっと最後はこんな感じだったんだろうなって。もう全然、走ってない。でも歩っていると走りたくなる。競技から完全に離れて、わかったことはやっぱりわたしは走ることが好きなんだろうなって感じる毎日だ。でも、それ以外のことは何もわからない。何が正しくて、何が間違っていたのか。

 一人暮らしをして2週間が経った。今日やっとベットが届いて、家具が全て揃った。また荷物は片付け終わっていないけれど、とても居心地がいい。自分の好きなものしかない天国。今は国家試験に向けて勉強している毎日です。受かるかわかんないけど。いや、受かりたいけど。今一番の悩みは、自分の中に残る競技への想い、最後の最後まで最低な部長だったわたしを後輩たちはどう見てるんだろうってこと。もう部活のことを考えて苦しむ必要なんてないのに、どうしても頭から離れなくてちょっと苦しい。競技の全てをはやく捨てたくて、忘れたくて仕方ないのに、自分が一番根に持っている。苦しんだ日々を胸に抱えて離そうとしてくれない。競技が全部終わったのにくるしい。最近気づいた。競技から離れてもきっとわたしはずっとくるしい。そして生きることは苦しいことの連続だということ。一人暮らしを始めるにあたって親にたくさんお世話になった。正直 あんなにお金がかかるとは思ってもいなかった。人間は生きるだけでお金がかかる。わたしは本当に世間知らずの夢見る夢子ちゃんだった。

終わりました。ありがとうございました。

みなさん聞いてください。わたしは昨日一番大事な練習でやらかしました!ここまで順調だったんですけどね!さあどうなると思いますか!わたしもよくわかりません!でももうやれることは本当に少しなので、メンバーに入ろうが入らなかろうがやれることをやるしかないんですよね!もうどうにでもなれって感じです!結局走りたいんじゃん!みたいなね!笑もちろん走れたらもう死ぬ気でやりますよ、だって最後本当に最後ここまで苦しくて長かったもん。もう全部ぶつけるしかないじゃん、弱気になってらんないじゃん。 ってことで、あとは神頼みです!どうなることやら!ははは!メンバー外れてもメンバー入りできても自分にできることを全力でやる!わたしの最後の任務はそれだけ!本当にエンドロールだ!長かった13年が本当に終わるよ。