砂のお城

生きるか死ぬかみたいな毎日

悲しくて悔しくて苦しい

こんな自分ぶっ壊してやりたい

終わる魔法

さっきパソコンのデータフォルダを久しぶりに開いたら、高校の頃の写真がたくさん出てきた。もう4年も前なんだよな、懐かしい。初めて母に化粧をしてもらった日に撮った写真も出てきた。すごく嬉しかったことを今でも覚えている。

元彼の写真もたくさん出てきた。フォルダを開くことなく反射で消した。やっぱり彼は私のこと好きだったことなんてなかったのかもしれないなって思った。最近は元彼に対してなにも感じなくなったし、声を思い出したり指の感触を思い出したりすることも少なくなった。鮮明だった記憶がぼやけ始めている。人間に忘れる力があって良かった。きっと彼はたくさんの人に愛されて、幸せに、わがままに生きていくんだろうなと思う。そしてもう会うことはないのだろう。それでいい、それがいい。何も思わない、感じない。

 

昨日ははやい時間に布団に入ったのに、夜中に咳が止まらなくて目が覚めた。苦しかった。1週間ぐらい前から喉が痛い。今は咳が出る。喉がかゆい。掻き毟りたい。

 

この間治療の先生に「馴れ合いしてたら勝てるわけないじゃん」って言われて、確かにそうだよなって思った。でもわたしは誰かと一緒に頑張ることが好きで、他人を蹴落としてまで上に行きたいとは思えなくて。わたしには「勝つための覚悟」が足りなかったのかもしれないなって、治療のベットの上で思った。馴れ合いはレクリエーションでしょって先生が言ってた。勝つか負けるかの世界にいた人の言葉は鋭い。

 

先週の話。先輩と買い物して夕飯食べて帰ってきた。お互いに気に入った靴を見つけたので買った。前の恋人に話とか、恋人に何を望むかとか、部活の話とか、ずっとずっと話していた。先輩の隣はいいにおいがした。来月一緒に紅葉を見に行こうという話になった。

 

卒業式に着る袴を決めた。来週からは卒業研究が本格的に始まるし、いろんなことが卒業に向けて動き出している。夏休みに苦しくなると、バンプの記念撮影に詞の中にある「終わる魔法」って言葉を何回も何回も唱えていたことを思い出した。全ての物事は終わる魔法の中にあるんだね、よかったよかった。

 

 

久しぶりに読書メーターを開いた。懐かしい名前のままだった。最近読んだ本の感想を書いた。こっちの名前も昔の名前に戻してみた。ちづる。この名前で出会った人が今の私を作っているよな気がする。あの頃よりわたしはいろんなことを知ったし、彼の年齢も越えてしまった。いろんなことが見える。でもその分、見えなくなっていることもたくさんあるんだろうなと思う。全部覚えていたいと思うけれど、ひとりで感じ続けることは苦しいから嫌。

 

 

平凡を誰かと半分こする生活。

 

 

最近のこと(化粧品とか)

 

f:id:mememe12:20171007192601j:image

 

母上から貰った導入美容液。

これつけてからいつものスキンケアやると次の日ほっぺがぷるぷるになる、気がする。

 

f:id:mememe12:20171007192733j:image

 

ウルルンパックの新しいやつ!

わたしの中で1番好きなパックになったかもしれない!理由は鼻周辺に切り込みが無いから、鼻から鼻の横にかけて、パックがピターって張り付いて、保湿出来ている安心感がある!

わたしは鼻周辺が乾燥しやすくて、黒ニキビが出来やすいので、鼻周辺の保湿は毎日死ぬ気でやってる。あと目の下の皺。寝不足とか乾燥してると現れる憎いやつだ。目の下に皺があるとすごい疲れた顔になるからイヤ!

 

f:id:mememe12:20171007193228j:image

 

あとアイライナーをラブライナーからメイビリンに変えました。わたしの中でメイビリンがラブライナーを超えました。黒と茶どっちも愛用中です!気分によって使い分けてます。キリッとさせたい時は黒。優しい印象にしたいときは茶。アイライナーって色によってほんと印象が変わる。

 

 

てか明日、友達のサークルの先輩と2人で遊ぶことになっててすごい緊張ってか心配。去年のわたしの印象で会われたら幻滅する、、、だってプラス3キロ太ったし、、、どういう自分でいけばいいのか迷う。部活の自分?それとも素でいいのかな?うー、大体男の人と2人で遊ぶこと自体久しぶりすぎて大丈夫かなわたし。

この前 久しぶりに試合に出た。

やっぱり負けた。

苦しかった。

負けたことがとにかく恥ずかしかった。

それなのに試合が終わった後、

やっぱり試合が好きだと思ってしまった。

 

結果を除いた自分の気持ちとして、

わたしは純粋に走ることが好きなんだろうなって思った。引退したら絶対に走らないって決めていたのに、気づいたら来年出れそうなロードレースを調べたりしていた。ひとつ、出たいレースを見つけた。

 

普段履いている靴がボロボロになったので捨てた。ゴミ箱に入れる前に、その靴と走ってきた日々を振り返り、ありがとう楽しかったよって言って捨てた。履いていた期間は実質3ヶ月ぐらいだったけれど、色々あった。北海道を走ったし、人生最後の合宿も一緒に過ごしたし、右足の捻挫も経験した。

 

新しい靴を買った。久しぶりちゃんとお店に行って、何足も履き比べて、40分ぐらい迷って決めた。現役最後を一緒に頑張る靴だから妥協したくなかった。すごく気に入った。靴紐を変えてめちゃくちゃ派手(かなと自分では思っている)にした。既製品だけど、自分だけの世界に1つの靴になった。お気に入りすぎて、練習の時に靴を履くのが楽しみになった。走りたい〜ってなった。

 

なんだかんだ言って走ってる。結果は相変わらず出せてないし、なんで走れないの?って何回も聞かれる毎日だけど、懲りずに走ってる。多分バカなんだと思う。もう3ヶ月切ったし、自分の中にある純粋な走ることが好きという気持ちに正直にやればいいのかなって。

 

f:id:mememe12:20171004082944j:image

 

もうなんで走れないのって聞かないで

私だって分かんないよ

 

わたしは引退したらゲーマーになります、

テレビっ子になります。

わたしは去年の先輩みたいに人前で上手く話せないけど、それでも本とかセミナーとかに行ったり、話す前にどうしたら上手く伝わるかなって考えたり、少しでも伝えられるようにしているけれど、やっぱり人前で話すのは下手で、でもだからと言ってバカにしてら笑ったりすることないじゃんっておもった。

 

きっとわたしが必死に練習している姿も、そういう人達には面白くて仕方ないんだろうね、わたしは泥臭く頑張ってる姿みると絶対応援したくなるし、今の自分にとっては格好とか関係なしに足掻くことがいちばんの仕事だと思ってるから別にいいけど、やっぱり腹立つよね。じゃあお前もあの人の中で上手に話してみろよって思う。まあおかげさまで前より少しは人前でも話せるようになったかなと思うから、笑ってる奴にも感謝しないとね、わたしは絶対笑ったりしないし、ヒトとしてちょっとひいてるけど。